寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

京都

京都:海の京都 宮津

 前回の続き。

 道の駅「舞鶴港とれとれセンター」を出まして、国道国道175号線から国道178号線に乗り換え、由良川から海岸沿いをしばらく走ります。夏場だと海水浴客が大勢来るところだそうで、日中かなり混雑するらしいのですが、そんな季節はすでに終わっているので、実に快適に走ることができます。ちょうど天気が良かったので気持ちよかったですね。

 海からの風に当たりながら走っているうちに、京都府宮津市に入りまして、次の道の駅「海の京都 宮津」に到着します。


CIMG2421











 この道の駅は、ショッピングモールがすぐ近くにあるため、ひょっとすると見落としてしまいそうなくらい存在感が薄いです。しかもそのショッピングモールの駐車場には、天橋立を世界遺産に認定してもらうべく、地元有志の方々が参加、模写した雪舟筆の「天橋立図」が掲げられていまして、どうしてもそちらに目が奪われてしまいます。


CIMG2425











 ちなみに、この道の駅の建物は、こんな感じになっています。


CIMG2422











 建物の大きさは、少し広めのコンビニ程度といったところでしょうか。道の駅スタンプは、道を挟んでこの建物の向かい側にある観光センターで押すことができます。


CIMG2423











 スタンプ台は、受付に置いてあります。私が行ったときは、受付に2人の女性スタッフがいまして、その2人と世間話を交わしながら、スタンプを押したというわけです。


CIMG2455











 普通ならせっかくここまで来たのだし、天橋立を見に行くのが本筋でしょう。しかし、そんな絶景には目もくれず、私は先へ急ぎます。今日はこのほかにあと5つ、スタンプを押す予定になっているのですから。


道の駅「海の京都 宮津」
【所在地】京都府宮津市字浜町3007番地
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】年末年始
【駐車場】48台
【公式HP】http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k17_miyazu/

京都:舞鶴港とれとれセンター

 いやぁ、前回、道の駅スタンプを集めるツーリングに出てから結構、日にちが経ってしまったわけですが、その間、秋らしい季節になってきましたねぇ。このところ、天候もいいですし、行楽に出かけるには最高といった感じでしょうか。

 そういうわけで昨日(4日)、私もかねてから計画を立てていた丹後半島に行きまして、道の駅スタンプを集めてきました。

 今回のルートは、なるべく早めに現地に到着しようと思い、珍しく高速道路(京都縦貫自動車道)を使いまして、京都府綾部市(綾部安国寺)まで行き、そこから国道27号線に入りまして、まずは京都府舞鶴市にある道の駅「舞鶴港とれとれセンター」を目指しました。

 道中、とくに目を引くような出来事もなく、難なく目的地に到着です。


CIMG2420











 カニの看板が建物に掲げられているように、ここではカニをはじめ、水産物が名物になっておりまして、お土産屋さんも非常に充実しています。

 ただ、まだ開店して間もない時間だったので、ほとんどお客さんはいなかったですね。レストランも開店時間になっていないようで、どこもシャッターやブラインドが下ろされている状況でありました。

 仕方ないので、グッズを販売している店舗に行きまして、舞鶴に来た記念品として海上自衛隊のタペストリー(1500円)を購入しました。帰宅後、広げてみると、作りがあんまり良くなかったので、マグカップを選んだ方が良かったかなぁと少しだけ後悔しましたが、ともかく現在、自室ドアに掛けております。


CIMG2461











 道の駅スタンプは、このグッズ販売の店舗で押すことができます。理由はよくわかりませんが、照明が妙に暗かったです。


CIMG2454











 というわけで、この日は結構、たくさん道の駅を回る予定でしたので、さっさと次の道の駅に向かって出発です。いや、本当は海鮮丼なんか食べたいと思っていたんですけどね。朝早く生ものというのも良くない感じですから、次に来るときはきちんと時間帯を考えたいと思います。


道の駅「舞鶴港とれとれセンター」
【所在地】京都府舞鶴市字下福井905番地
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】水曜日
【駐車場】75台
【公式HP】http://toretore.org/

京都:瑞穂の里・さらびき

 前回の続き。

 道の駅「和」を出た後、国道27号線を綾部方面に向かうと、やがて新綾部大橋が見えてきます。そのすぐ手前の交差点を左折し、国道173号線(綾部街道)に入りまして、しばらく大阪方面に行きますと、道の駅「瑞穂の里・さらびき」が左手にあります。

CIMG2239












 今回の道の駅めぐりもここで7駅目となり、さすがに疲れてきました。道の駅で売られている特産品や名物も、同じ地域にある道の駅ということで、おおむね同じものが並んでいますから、物販コーナーを見て回れどそれほど大きく変わらないわけです。

 とはいえ、道の駅「瑞穂の里・さらびき」に関して言えば、結構、品揃えが豊富で、「さらびき」の名を冠したワインや日本酒も置いてありました。購入しようかと思ったんですが、すでに日本酒をいくつか購入していたので、今回は見送ることにしました。ただ、国道173号線沿いにあるので、いずれまた近くを通ることになると思いますから、そのときにでも購入して、試してみようと思います。


CIMG2247












 スタンプを押しまして、この道の駅での目的は達成、そして今回の道の駅めぐりも終了です。

 この後、国道173号線で大阪方面に向かい、そのまま帰路に着きました。道中、道の駅「能勢くりの郷」がありましたが、先に言及した理由によってスルーしました。

 今回、一気に7つのスタンプを集めることができたのは良かったですが、途中で疲れてきたことと道の駅ごとに地元の名物を食べようと思っていたにもかかわらず、お腹がいっぱいでそういう気分になれなかったことは失敗だったと大いに反省です。今後はもう少し余裕を持ったスケジュールを組み、腹具合も同じく余裕を持たせておこうと思いましたね。今後に生かしたいところであります。


道の駅「瑞穂の里・さらびき」
【所在地】京都府船井郡京丹波町大朴休石10-1
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第2・4木曜日、年末年始
【駐車場】48台
【公式HP】http://www.greenlandmizuho.co.jp/station/

京都:和

 前回の続き。

 道の駅「京丹波 味夢の里」を出発する段階で時間的な余裕があったことから、再び交差点「須知」に戻り、そこから国道27号線を綾部方面に向かうことにしました。しばらくバイクで走っていると、道の駅「和」(なごみ)に到着します。


CIMG2227












 外観はこんな感じです。


CIMG2226












 道の駅に着いたところで、そろそろおやつを食べたいと思うようになりまして、何かないかなと見ておりますと、丹波黒豆ソフトクリーム、なんていうスイーツがあるじゃないですか。というわけで、それをさっそく売店で購入です。


CIMG2228












 ご当地ソフトクリームは、道の駅ではおなじみですけど、ここで食べられるソフトクリームは、黒豆の風味をしっかりと活かしつつ、全体的にしっとりとした味わいで、とても美味しかったです。塩味が少し利いていたのも良かったですね。再度、近くに寄った際には、また食べたいものです。


CIMG2246












 スタンプを押しましたが、先に押した「丹波マーケス」のスタンプが裏に滲んでいたので、少し汚い感じなってしまいました。ちょっと気に入らないけど、仕方がありません。そういうわけで、次の道の駅を目指します。


道の駅「和」
【所在地】京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11
【営業時間】午前8:30~午後6:30
【定休日】火曜日、年末年始
【駐車場】106台
【公式HP】http://wachi-nagomi.com/

京都:京丹波 味夢の里

 前回の続き。

 道の駅「丹波マーケス」のすぐ近くにある交差点「須知」から京都府道444号線に入って5分ほど行くと、道の駅「京丹波 味夢の里」の入口が見えてきます。


CIMG2224












 この道の駅は、京都縦貫自動車道が2015年、全線開通したことにともなってオープンしました。できたてほやほやの道の駅です。もちろん、京都府道444号線から入ることも可能です。こちらから入ると、小高い丘の上にある道の駅に向かって、ぐるっと道路を登りながら行く形になります。

 京都府道444号線から入ったとき、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2220












 京都縦貫自動車道から入った場合、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2225












 「京丹波マルシェ」という物販スペースがあり、地元の特産品や名物をはじめ、さまざまな商品が売られています。丹波ワインがあったので、それにしようかと思ったんですが、「大吟醸 雪月花嵐山」(300ml、1300円)という商品があったので、何かいいことがあったときに飲むために購入しておきました。300mlで1300円もするんだから、さすがに美味しいでしょう。

CIMG2222













CIMG2219












 道の駅のスタンプは、「京丹波マルシェ」の向かいにある「京丹波ステーション」という情報センターの受付で押すことができます。


CIMG2223













CIMG2248












 というわけで、無事にスタンプを押せましたので、次の道の駅に向かいます。


道の駅「京丹波 味夢の里」
【所在地】京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65-1
【営業時間】午前8:30~午後8:00
【定休日】なし
【駐車場】192台
【公式HP】http://www.ajim.info/
プロフィール
  • ライブドアブログ