寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

道の駅

和歌山:虫喰岩

 前回の続き。

 道の駅「瀧之拝太郎」から和歌山県道43号線を戻って同38号線を行き、同227号線に入ってしばらく走っていると道の駅「虫喰岩」に辿り着きます。


CIMG2778












CIMG2779











 こちらもさっき訪れた道の駅「瀧之拝太郎」と同じように、とてもこじんまりとした道の駅です。ちょうどいい天気だったこともあって、駐車場には近くで仕事していたと思われる作業員の方々が大の字になって日向ぼっこしていました。実にのどかな光景でありました。

 少し時期が早いように思いますが、こいのぼりもそよそよ泳いでおります。


CIMG2780











 道の駅の名前の由来となっている「虫喰岩」は、国の天然記念物に指定されている奇岩です。「一枚岩」ほど大きくないですが、高さ60mになる大岩で、風化によって侵食された穴が無数に空いています。


CIMG2787












CIMG2781












CIMG2782












CIMG2783











 ひょっとすると悪名高い蓮画像(画像検索しないように)のようにも見えるので、苦手な人は苦手かもしれませんね。ただ、地学に詳しくないので細かいことはよくわかりませんが、なぜ風化によってこのように多数の穴が空いたのかについては諸説あるようでです。和歌山県には、こうした自然の不思議さを感じさせる観光地がたくさんありますね。面白い。

 道の駅スタンプは、道の駅「瀧之拝太郎」と同様、建物の外に設置されているスタンプ台で押すことができます。


CIMG2792











 これにて今回の道の駅めぐりは終了です。和歌山県の山沿いにある道の駅を訪ねることにおおむね成功したので、あとは西側の海岸沿いにある道の駅を押さえていけば、和歌山県にある道の駅はコンプリートできるでしょう。

 次回は、兵庫県中部の方に行ければいいなと思っています。



道の駅「虫喰岩」
【所在地】和歌山県東牟婁郡古座川町池野山705-1
【営業時間】午前10:00~午後5:00
【定休日】月曜~金曜
【駐車場】33台
【公式HP】https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/735

和歌山:瀧之拝太郎

 前回の続き。

 道の駅「一枚岩」を出た後、国道371号線を戻って和歌山県道38号線を経由して、同43号線にある道の駅「瀧之拝太郎」に到着です。

 県道43号線は酷道として知られているそうですが、道の駅の手前まではきちんと整備された道路が続いています。道が分岐しているので、右に行くと道の駅「瀧之拝太郎」、左に行くと県道43号線です。左に行った先のことは分かりません。ただ、ツーリングマップルによると、シカに遭遇するかもしれないので注意と書かれていました。つまり、県道43号線を突き進むとそういう道になるということです。


CIMG2777












BlogPaint











 「本当に道の駅なのか!?」と突っ込みを入れたくなるほど、こじんまりとした道の駅です。聞くところによると、廃校になった中学校の跡地を利用して作ったらしく、駐車場の真ん中にはヘリコプター発着用の目印が書かれています。

 さて、この道の駅から100mほど先に和歌山県指定の天然記念物「滝の拝」があります。これは行くしかないということで、さっそく徒歩で向かいます。


CIMG2773











 橋が架かっているので、そこから滝の拝を見ることができます。


CIMG2776












CIMG2775











 川辺に降りる階段が設置されているので、そこからすぐそばで川を見ることができます。しかし、滝の拝の特徴であるポットホールが多くあり、足場の悪さから足元を取られそうな感じがしたので今回は上から見るだけにしました。それにしても変わった形の岩です。

 道の駅スタンプは、建物の外にあるスタンプ台で押すことができます。


CIMG2770












CIMG2791














道の駅「瀧之拝太郎」
【所在地】和歌山県東牟婁郡古座川町小川774-1
【営業時間】午前8:30~午後5:15
【定休日】土日祝(情報コーナー)、月~金(物産コーナー)
【駐車場】40台
【公式HP】https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/731

和歌山:一枚岩

 前回の続き。

 道の駅「くしもと橋杭岩」からどこへ向かおうか悩んでいたんですけど、時間的に余裕があったので、少しだけ寄り道をして国道371号線から行くことができる道の駅「一枚岩」に立ち寄ってみました。


CIMG2761











 到着すると、目の前にあるのは国の天然記念物、幅800m、高さ150mの「一枚岩」です。


CIMG2762












CIMG2767











 う~む、大きすぎてカメラに収まらない・・・。Wikipediaにちょうど良さそうな写真があったので、それを借りてしまおう。


Ichimai-iwa,_Kozagawa01











 なんかこう、対照になるようなものがあれば、どれだけ大きいか伝わると思うんですけど、とにかく日本でもっとも大きな一枚岩だそうなんで、気になる方はぜひ一度、行ってみると良いでしょう。

 それに加えて、ここに一度、訪れるべき理由を挙げるとすれば、観光物産センター「鹿鳴館」で販売しているジビエバーガー(単品400円、ドリンクセット600円)がとても美味しかったことがあります。


CIMG2763












CIMG2768











 店員さんに聞いたところ、高タンパク低カロリーの鹿肉100%で作られたパテだそうです。ソースとの相性がばっちりですね。道の駅で売られているハンバーガーには、内容のわりには700円を超える割高感を抱かせるような代物もあるのですが、これで400円なら十分、満足できます。また食べたいと思いましたからね、熱を込めておすすめしたいです。いやぁ、美味しかったなぁ。


CIMG2793













道の駅「一枚岩」
【所在地】和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬290-2
【営業時間】午前10:00~午後3:30(季節により変動あり)
【定休日】なし
【駐車場】20台
【公式HP】http://www.kozagawa.com/kanko/rokumei/top_roku.htm

和歌山:くしもと橋杭岩

 前回の続き。

 道の駅「なち」を出発し、再び海岸沿いの国道42号線を走ります。風がやや強かったですけど、なかなか気持ちよく走ることができました。もう少しすっきり晴れてくれたら最高だったんだけどな~。

 しばらく走っておりますと、道の駅「くしもと橋杭岩」に到着です。


CIMG2756












CIMG2753











 まだお昼前だったので、今だとレストランもあまり混んでいないだろうということで、少し早かったですけどご飯を食べることにしました。


CIMG2760











 さて、席に着くとメニューを開いて、どれを注文しようか考えるわけですけど、店員さんによるとマグロ丼(1400円)がおすすめとのことで、和歌山ラーメンも捨てがたいと思いつつ、しかしそれはいつでも食べられるかと思い直して結局、マグロ丼を注文することにしました。


CIMG2757











 う~ん、1400円という価格を考えると、マグロそのものは美味しいんですけど、もうちょっとボリュームがあってもいいかなぁと思いました。

 ちなみに、レストランの席から国の名勝天然記念物「橋杭岩」を見ることができます。橋杭岩は、約850mにわたって大小40余りの岩柱が列をなしてそそり立っているもので、海の浸食によって岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えることから、その名前が付けられています。


CIMG2758












CIMG2759












CIMG2754











 波が荒いと危ないと思いますが、岩の近くまで歩いて行けます。若いカップルがスマホ片手に写真を撮ってキャッキャ言いながらはしゃいでいる光景を見ながらマグロ丼を食べるというコントラストの強い状況を楽しみつつ、ご飯を食べ終えて道の駅スタンプを押しに行きます。


CIMG2790














道の駅「くしもと橋杭岩」
【所在地】和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川1549-8
【営業時間】午前9:00~午後6:00(10~3月は午後5:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】57台
【公式HP】https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/733

和歌山:なち

 前回の続き。

 道の駅「瀞峡街道・熊野川」を出た後、国号168号線で和歌山県新宮市まで行き、そこから国道42号線に入って串本・田辺方面にしばらく走っていると、道の駅「なち」に到着します。


CIMG2748












CIMG2749











 この道の駅は、JR紀勢本線の那智駅とリンクしておりまして、併設されている温泉施設「丹敷の湯」(大人600円、子供300円)にも入ることができます。到着時、午前10時過ぎといったところでしたので、お風呂に入るには早すぎるという感じがして見送ってしまいました。


CIMG2750












CIMG2752











 道の駅スタンプは、「丹敷の湯」の1階入口の付近にスタンプ台が置かれているので、そこで押すことができます。スタンプを押しに来る人があまりいないのでしょうか、受付業務を担当している男性がじーっとこちらを見ていました。不気味でした。いや、もしかするとこちらが何かやらかしそうに見えたんでしょうか。真相は分かりません。


CIMG2789











 物販スペースで購入したマグロのトロ煮を帰宅後、食べました。日本酒とよく合うので、お好きな方にはお勧めしたいです。



道の駅「なち」
【所在地】和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮361−2
【営業時間】午前10:00~午後4:30(農産物直売所)、午後1:00~10:00(丹敷の湯)
【定休日】月曜(丹敷の湯)
【駐車場】58台
【公式HP】http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=19241
プロフィール
  • ライブドアブログ