寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

道の駅

和歌山:すさみ

 前回の続き。

 道の駅「イノブータンランド・すさみ」から国道42号線をしばらく走ると、道の駅「すさみ」に到着します。


CIMG2877












CIMG2882











 到着したのがお昼過ぎということもあって、道の駅の駐車場が大混雑しておりました。係員の誘導にしたがって駐輪場まで辿り着きましたが、出庫待ちの車列が駐車場入口付近にできるくらいでした。

 物販スペースやレストランにもたくさんの人が並んでいました。とくに今回、イノブタ丼(880円)を食べるつもりでやってきましたが、あまりの人の多さに辟易して、もう次に来たときでいいやと諦めてしまいました。いや、正直に言って家族連れが多くいるなか、一人で列にならんでイノブタ丼を食べる勇気はなかったですよ、さすがに。

 レストラン近くにあったイノブタのマスコットです。


CIMG2880











 和歌山県すさみ町では、海に近いことから海産物が豊富ですが、1970年にイノシシとブタを掛け合わせて作ったイノブタも有名です。南方熊楠記念館がそれほど遠くないところにあるので、いつかそこに行ったとき、道の駅「すさみ」にも寄ってイノブタ丼を試してみることにしましょう。


CIMG2898











 今回の道の駅めぐりは、「道の駅すさみ」で終了です。帰路は、国道42号線を和歌山県新宮市方面に向けて進み、そこから国道168号線に入って奈良県五條市に行き、国道310号線で大阪府内に入るルートです。

 国道42号線では海岸沿いを走りましたが、国道168号線は山のなかを抜けていく感じで、こちらもまた気持ち良かったですね。やっぱりこの時期のツーリングは楽しいなぁ!時間と体力が許されるなら、いつまでも走っていたいくらいですね。

 次回はまだどこに行くか決めていませんが、鯖街道あたりなんて良さそうかなと目論んでいます。



道の駅「すさみ」
【所在地】和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808番地の1
【営業時間】午前9:00~午後6:00(11月から3月は午後5:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】64台
【公式HP】http://www.michinoeki-susami.com/

和歌山:イノブータンランド・すさみ

 前回の続き。

 引き続き和歌山県新宮市方面に向けて、国道42号線を走っております。いやぁ、ホント風が気持ちいいですねぇ。海岸沿いの道路ですから曲がりくねったり、高低差があったりする道が続くわけですけど、それがまた走っていると良いアクセントになって楽しいわけです。ちょっとしたジェットコースター気分です(もちろん、暴走行為をしているわけではありません。ちゃんと安全運転に努めております。念のため)。

 そんな感じで道の駅「志原海岸」から走っていると、道の駅「イノブータンランド・すさみ」に到着です。


CIMG2871












CIMG2872











 こちらは一応、トイレや観光情報などを扱うスペースがありますが、ずいぶん寂しい道の駅になっております。それもそのはずで、2015年、無料の自動車専用道路、紀勢自動車道が白浜からすさみ町まで延伸されたことで、国道42号線を利用する観光客が激減し、物販スペースや観光施設が相次いで閉鎖・休業に追い込まれるという状況になったからです。

 現在は、スタッフさんが受付対応で待機しておられるようですが、ほとんどトイレ休憩や休憩所として機能しているという感じです。盛者必衰の理といったところでしょうか。

 ただ、道の駅から見える風景は、こちらもすごく素敵です。とくにこの日、太陽からの光によって海面がキラキラしていましたね。
 

CIMG2876












CIMG2875











 道の駅スタンプは、観光情報を扱っている施設のなかにあります。あれ、スタンプを押すところはどこだったかなとページをめくっていると、スタッフさんが親切に「和歌山の番号5のところですよ」と教えてくださいました。どうもありがとうございました。


CIMG2895














道の駅「イノブータンランド・すさみ」
【所在地】和歌山県西牟婁郡すさみ町見老津地内
【営業時間】午前9:00~午後7:00(11月~5月は午後5:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】15台
【公式HP】http://www.aikis.or.jp/~susami-k/midokoro/mitinoeki.html

和歌山:志原海岸

 前回の続き。

 道の駅「椿はなの湯」の後も国道42号線をひたすら走ります。道中、たくさんのツーリングチームとすれ違いました。しかし琵琶湖沿いを走ったときと比べて、ヤエーする人は少なく、どちらかといえば軽く会釈するような感じでペコリと頭を下げる人が多かった印象を受けました。地域的な違いですかね~。もしかすると和歌山の人はシャイな人が多いのかしら?

 ・・・などと思いながら走っていると、道の駅「志原海岸」に到着です。


CIMG2865












CIMG2866











 この写真だと、とても小さな道の駅のように見えるかもしれませんが、奥にはまだスペースがあって、物販スペースのほかにレストランも併設されています。

 道の駅の駐車場からは志原海岸が眼下に広がって、とてもきれいない風景です。


CIMG2869












CIMG2867











 人が写っていませんが、これはあえて人がいないところを写真で撮ったからであります。砂浜には散歩を楽しむ親子連れやカップルが結構いて、素敵な午後のひとときといった感じでしたよ。ほのぼのしちゃいますね。

 道の駅から左手の方の海岸には、大きな岩があります。

CIMG2868











 この岩、よく見ると熊のあたまに見えてきませんか?聞くところによると、地元ではそのように言われていて、ちょっとした名物になっているそうです。


BlogPaint











 ん~、見えるっちゃ見えるか。もちろん、「だから何なんだ」とすごまれても困るんですけどね・・・。


CIMG2894











 道の駅スタンプは、建物入口から右手奥に進んだ長机の上にあります。ぽちっと押して、さっそく次の道の駅に向かいます。



道の駅「志原海岸」
【所在地】和歌山県西牟婁郡白浜町日置2039-73
【営業時間】午前9:00~午後7:00(10月~5月まで午後5:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】34台
【公式HP】https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/714

和歌山:椿はなの湯

 前回の続き。

 道の駅「くちくまの」から国道42号線に入り、和歌山県新宮市に向けて紀伊半島南部をぐるりと一周するように走っていきます。天候が良くて風も心地よい日に海岸沿いの道路を走るのは、この上なく気持ちいいです!ツーリングは楽しいなぁと思っていると、次の道の駅「椿はなの湯」に到着したので立ち寄ります。


CIMG2860











 駅名から分かるように、こちらでは温泉に入ることができます。しかし何の用意もしていませんし、この後、いろいろと回るところもあるので、今回はパスすることにします。


CIMG2861











 建物はそれほど大きくありません。温泉施設のほかに、休憩所と軽食スペースがあるくらいです。ただ、せっかく来たのだから何か食べていこうと思って、梅しそコロッケ(100円)を注文してみたんですが、これが結構、美味しかったです。


CIMG2862











 なんというんでしょう、ご当地のお肉を使ったコロッケはたくさんありますが、梅しそという食材を使ったコロッケが珍しかったですし、味わいも独特な風味でありながら酸っぱさがなく、「これ、いくつでも食べられるかも」と思わせる病みつき感を抱かせるものです。もし近くに寄られたときは、100円という低価格ですし、一度、試されてみると良いと思います。


CIMG2896











 道の駅スタンプに描かれている女性がちょっと色っぽくていい感じです。



道の駅「椿はなの湯」
【所在地】和歌山県西牟婁郡白浜町椿1058-1
【営業時間】午前9:00~午後9:00(11月~2月は午後8:00まで)
【定休日】火曜
【駐車場】17台
【公式HP】http://www.tsubaki-hananoyu.com/

和歌山:くちくまの

 前回の続き。

 道の駅「ふるさとセンター大塔」を出まして、再び国道311号線をしばらく走っていると国道42号線との合流する交差点に差し掛かります。そこでちょっとややこしいんですけど、その交差点では42号線に入らず、踏切を渡って直進し、案内板の指示にしたがって道なりに進むと道の駅「くちくまの」に到着します。


CIMG2856











 この道の駅は、紀勢自動車道沿いに作られているため、そちらからも入ることができます。ただ、それほど大きな道の駅ではなく、地元の名産品やお土産物を売っている物販スペースとレストランが併設されています。ちょうど少し小腹が減っていたので、熊野牛コロッケ(150円)を買ってみました。


CIMG2857











 うん、美味しい。しかし、お腹に食べ物を入れちゃったもんだから食欲が湧いてきました。レストランのメニューを眺めているとそばやうどんが多かったので、これでは駅のソバ屋と代わり映えしないなぁと思い、次に立ち寄った道の駅で昼食をとることしようかと建物を出たところ、和歌山ラーメンの販売ブースがありました。


CIMG2858











 するすると曳かれるようにブースの前に立ってメニューを見ると、和歌山ラーメン(500円)という破格の値段じゃありませんか。そうであればこれはもう注文しちゃおうということで、さっそく店員さんに和歌山ラーメンを作ってもらいました。


CIMG2859











 和歌山ラーメンは、細めの麺に醤油とんこつのスープを絡めるのが特徴です。実はかなり好みのラーメンでして、近所に和歌山ラーメンを名乗っていたラーメン屋さんがあったんですけど、最近、閉店してしまって少し残念に思っていたところだったんです。巷を歩いていると、醤油とんこつをスープに採用しているラーメン屋さんを多く見かけるようになりましたが、やっぱり和歌山ラーメンのこの細めの麺がいい感じですねぇ。

 お腹が満腹になったところで、道の駅のスタンプを押しに行きます。物販スペースの入口から入ってすぐに右手にスタンプ台があります。


CIMG2897











 食べるものを食べて満足したので、次の道の駅に向かいます。



道の駅「くちくまの」
【所在地】和歌山県西牟婁郡上富田町岩崎555-5
【営業時間】午前8:00~午後7:00
【定休日】なし
【駐車場】20台
【公式HP】https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/7997
プロフィール
  • ライブドアブログ