前回の続き。

 道の駅「かつらぎ西」を出た後、先ほど通った和歌山県道125号線から国道24号線に行き、しばらく走ったところで和歌山県道120号線に入ると、道の駅「青洲の里」があります。


CIMG2483












CIMG2486











 駅名に使われている「青洲」というのは、江戸時代に活躍した医者、華岡青洲からとったものです。青洲は、マンダラゲを主成分とする麻酔薬「通仙散」を完成させた人物で、1804年、世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功しました。


CIMG2485











 こんな感じで銅像が建てられています。

 ちなみに、道の駅の建物はマンダラゲの花をモチーフに、世界的に有名な建築家、黒川紀章が設計したものです。だからかもしれませんが、建物のスケッチを描いている若い女性がいました。もしかすると大学で建築を専攻されているのかしら?

 建物のなかに入ると、ちょうどランチバイキングの時間で結構、賑わっていました。すでにお腹を満たしていたのでバイキングを食べるのは控えましたが、90分で大人1380円ですからリーズナブルな価格設定だと思います。悪くないんじゃないでしょうか。


CIMG2488











 余談ですが、女優の藤原紀香さんが2015年4月から2016年3月まで紀の川市フルーツ大使を務めていました。紀香という名前が和歌山県出身のご両親によって「紀の川の香り」という意味で付けられたことから、紀の川市が就任を打診したそうです。何がご縁になって仕事につながるか、分からないものであります。


CIMG2494











 道の駅スタンプを押して、今回のスタンプ集めは終了です。次の行先は決めていませんが、あまり行っていない滋賀県に行ってみようかなと考えております。とくに「せせらぎの里こうら」には、美味しい石窯ピザがあるとのことなので、ぜひ味わってみたいですね。



道の駅「青洲の里」
【所在地】和歌山県紀の川市西野山473
【営業時間】火曜日
【定休日】午前9:00~午後5:00
【駐車場】52台
【公式HP】http://seishu.sakura.ne.jp/index.shtml