前回の続き。

 道の駅「奥熊野古道ほんどう」を出発して、国道168号線を進みます。晴れていれば、おそらく非常に気持ちいいツーリングになると思うのですが、なんといっても曇天、ややもすれば小雨が降るなかですから、快適ではありません。おかしいなぁ、天気予報だと今日は晴れると言っていたのになぁ。

 ・・・などと思いつつ先へ行くと、道の駅「十津川郷」に到着します。


CIMG2408











 道の駅の建物は、こじんまりとしています。コンクリートの打ちっぱなしなので、一見すると地方でよく見かける役所の建物みたいです。


CIMG2409











 中に入ると、地元の特産品や名物が販売スペースに並べられています。奥のスペースは喫茶コーナーになっておりまして、紅茶やコーヒーなどを飲むことができます。

 しかし、ここで普通に紅茶やコーヒーなどを飲んでも面白くないので、メニューにある「十津川産梅じゅーす」(400円)を試してみることにしました。


 CIMG2410











 400円ですからね、美味しいことは間違いないんですけど、ちょっと高いかなぁ。


CIMG2418











 建物入り口からすぐ左手にあるスタンプ台で道の駅スタンプを押しまして、任務完了です。

 ここから国道168号線を辿って帰路についたわけですが、道中、雨が本格的に降り出しまして、雨具を装備するも、結局すぶぬれになってしまいました。こういうとき、バイクは不便だなぁと思い知らされますね。

 しかし、その不便さをどうやって乗り越えるのか(我慢するか)というところがまた別の楽しさを生むわけで、「そんなこと、何が楽しいのか。車の方がいいじゃん」という冷めた人とは、おそらく分かり合えないだろうなぁと思うのであります。


道の駅「十津川郷」
【所在地】奈良県吉野郡十津川村小原225-1
【営業時間】午前8:00~午後5:30
【定休日】不定休
【駐車場】23台
【公式HP】http://www.michinoeki-totsukawago.com/