前回の続き。

 道の駅「あゆの里 矢田川」から兵庫県道4号線に戻り、山間の道を気持ちよく走っていると、やがて国道178号線が見えてきます。この付近では、国道178号線はバイパスとして、余部道路という自動車専用道路が作られておりまして、香住ICから乗ることができます。

 しかし、ここでは一度、それをパスし、旧道を使って次の目的地、道の駅「あまるべ」に向かいました。ちょうど海岸に近いところを通り、「但馬漁火ライン」という名称も与えられているので、海を見ながら気持ちよく走れるかと思いましたが、それほど展望が開けているわけではなく、ほとんど山のなかを走っているような感じで、少々残念でした。

 というわけで、道の駅「あまるべ」に到着です。


CIMG2265

CIMG2278











 鉄道ファンなら知っている人が多いと思いますが、ここでは余部橋梁をみることができます。


CIMG2277











 余部橋梁は、もともと明治時代後期に作られた鉄橋で、山陰本線の名所として知られてきました。2007年、老朽化が進み、コンクリート橋になってしまいましたが、今もなお、鉄橋時代の余部橋梁を懐かしく思う人が多く、その遺構が一部、残されています。


CIMG2274












CIMG2275











 道の駅構内には、資料や模型などの展示スペースが設けられています。


CIMG2271











 しかし、鉄道ファンでもなんでもないので、あんまりそういうことには興味がなかったのですが、聞くところによると、この辺ではカニが特産品で、この道の駅で「かにクリームコロッケ」(130円)を売っているとのことだったので、それを食べなきゃいかんということになり、さっそく売店で購入しました。


CIMG2270











 注文してから揚げてくれるので、まさしく出来立てほやほや、頬張るとめちゃくちゃ熱かったのですが、中身はとろとろのクリームコロッケになっておりまして、カニの風味も利いていて美味しかったです。

 あと、串シュウマイ(210円)というのも買ってみました。


CIMG2267











 こちらも揚げたてで、そこそこ美味しかったのですが、これで210円はちょっと高いんでないかい?というのが率直な感想でした。もしかすると良い具材が入っているのかもしれませんが、カリカリに揚げてしまうと、もはや具材で勝負してもそれが際立たたなってしまうんですね。もう一回り大きいシュウマイだと、満足感も得られて良かったのではないかと思います。

 この道の駅は海がすぐ近くにあるので、天候に恵まれれば海岸線を散歩するのもよいでしょう。さらにそこから鳥取の方に足を伸ばせば、海を見下ろしながら行くことになるので、それもまた爽快かもしれません。


CIMG2295











 道の駅のスタンプを押しまして、ここでの任務は完了です。この後、来た道を戻り、国道178号線(バイパス)を利用して一気に豊岡市まで行き、国道426号線、国道9号線と乗り継いで国道173号線を目指します。


道の駅「あまるべ」
【所在地】兵庫県美方郡香美町香住区余部1723-4
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】年中無休
【駐車場】18台
【公式HP】http://michinoeki-amarube.com/