寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

2017年03月

滋賀:近江母の郷

 今日は滋賀県に行く用事があったので、それにかこつけて、まだ寄っていない道の駅に行ってみようと思い、滋賀県道2号線沿いにある道の駅「近江母の郷」に訪れました。


CIMG2700












CIMG2710











 昼食は、道の駅「せせらぎの里こうら」のピザ屋さん「PIZZERIA UNO」で食べたところだったので、少し周囲を散歩してみました。


CIMG2705












CIMG2706












CIMG2707












CIMG2709











 ところで、今日は春らしい天候だったこともあり、帰路の最中、琵琶湖沿いの道を走っているとツーリングと思しき人たちを多く見かけました。すると、バイク同士で交わす挨拶「ヤエー」を繰り出してくるライダーさんが結構いて、きっと気持ちよく走っているんだろうなぁと思いつつ、こちらもサインを出して挨拶を交わすのですが、まれに左手ならともかく、右手を大きく振りながらヤエーを出す人がいて、「ちょっと危なくないか!?」と心配になるときがありました。

 おそらく気づいて欲しいからなんでしょうけど、大抵のバイク乗りは対向車線から来たバイクを一瞥し、どんなバイクに乗っているのか、乗っているライダーの雰囲気はどうかといったチェックをササッと入れてますから、そこまでアクションしなくてもちゃんと気づいていると思うんですよね。それにたしかヤエーには「道中、お気をつけて」という意味があったと思いますから(山登りにたとえるなら、登山者と下山者が挨拶するようなもんですね)、不用意なオーバーアクションでその後、事故でもされたらこちらとしても寝覚めが良くありません。

 ちなみに個人的には、自分からヤエーすることはないんですが、相手がヤエーしたときは必ず返礼することにしています。先にも書きましたが、きっとヤエーする人は楽しい気分でバイクに乗っていると思うんですね。その気分を害したくないですし、こちらもヤエーされると内心、嬉しかったりしますからね。近年、廃れてきたらしいですけど、そうやって挨拶するのは決して悪い文化ではないと思っています。

 おっと、道の駅スタンプを紹介していなかった。以下のようになっています。


CIMG2711











 今回は、あんまり道の駅について触れずじまいになってしまいました。正直、ちょっと立ち寄った感じだったので、まぁ、そういうこともあるよということで、おしまい!



道の駅「近江母の郷」
【所在地】滋賀県米原市宇賀野1364-1
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】火曜
【駐車場】71台
【公式HP】http://www.omihahanosato.jp/

兵庫:丹波おばあちゃんの里

 前回の続き。

 道の駅「あおがき」を出て、兵庫県道7号線を南下しながら道なりに進んでいくと、稲継交差点で再び国道175号線と交わるので、そこで左折し、国道175号線に入ってしばらく進むと、道の駅「丹波おばあちゃんの里」に到着します。


CIMG2689












CIMG2688











 敷地面積が結構、広くて、併設されている公園や広場には子供連れの家族が楽しそうに遊んでいました。

 京都府丹波市のマスコットキャラクター「ちーたん」のパネルと像です。


CIMG2691












CIMG2692











 丹波市のウェブサイトによると、2006年に行なわれた調査で国内最大級の恐竜化石が見つかり、以後、6回にわたって発掘調査が進められた結果、「丹波竜」(学名タンバティタニス・アミキティアエ[Tambatitanis amictiae])の存在が明らかになりました。「ちーたん」は、地元丹波市が丹波竜をモチーフにして作ったゆるキャラで、各地のイベントに出演し、丹波竜のPR活動に頑張っているようです。

 恐竜といえば福井県のイメージが強いですが、こちら丹波でも恐竜の化石が発掘されているんですね。最近、全国各地で恐竜の発掘調査が行なわれていて、新種の恐竜があちこちで見つかっていると聞きます。おそらく丹波竜も、そういう恐竜の一つということになるのでしょう。

 道の駅「杉原紙の里・多可」でもそうでしたけど、どこの市町村も生き残るために、どこか地元の良いところを見つけて、それをアピールすることに必死です。

 ところで小腹が空いてきたので、何か食べられるものはないかとフードコートに足を運んでみました。


CIMG2693











 見た目、フードコートには見えませんが、中に入ると軽食やスイーツ、パンが食べられるようになっています。とくにパンは人気が高いようで、主婦と思しき女性の方々があれにしようか、これにしようかといった具合にパンを物色しておりました。

 お昼はもう済ませているので、おやつを食べようということで、ケーキセット(500円)を注文しました。


CIMG2694











 久しぶりにケーキを食べたので、美味しくいただくことができました。フードコート自体は清潔感があって、どこかに遠出したとき、その合間に少し休憩するのに良さそうな感じでした。

 なお、駅名が「おばあちゃんの里」となっているのですが、施設全体を通じて、とくに「おばあちゃん」感を覚えることはなかったです(笑)。いや、それがダメだと言っているわけではないんですよ、念のため。


CIMG2698











 道の駅スタンプにも、おばあちゃんが描かれていますね。地元ではメディアに取り上げられることが多い道の駅らしく、平日の昼にもかかわらず、多くの方々が来ていました。

 今回の道の駅めぐりは、これで終了です。そろそろ3月も終わりに近づきつつありますが、日差しに少しずつ春の気配を感じながらも、空気はまだ冷たくて、バイクで走ると切る風は寒さを覚えます。天気予報を眺めていると、春らしい気候は4月まで待たないといけないようですね。あぁ、早く春になってほしいなぁ。



道の駅「丹波おばあちゃんの里」
【所在地】兵庫県丹波市春日町七日市710
【営業時間】午前8:30~午後6:30(11月~2月は午後6:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】104台
【公式HP】http://www.michi-kasuga.jp/

兵庫:あおがき

 前回の続き。

 道の駅「杉原紙の里・多可」を出て国道427号線を北上すると、小倉交差点が見えてきます。そこで兵庫県号7号線に入って、しばらく道なりに走ると道の駅「あおがき」に着きます。


CIMG2684











 実は、この道の駅は長居しませんした。それというのも道の駅に到着したとき、いかついバイクの集団が爆音を響かせながらやってきたんですね。こりゃあ絡まれたら面倒臭そうだなぁと思いまして、道の駅スタンプだけ押してさっさと退散してしまいました。


CIMG2696











 そういうわけで、「ブンブンブン!」というマフラー音を背中で聞きながら、「触らぬ神に祟りなし」の精神で次の道の駅に行きます。



道の駅「あおがき」
【所在地】兵庫県丹波市青垣町西芦田541
【営業時間】午前10:00~午後6:00
【定休日】火曜
【駐車場】43台
【公式HP】http://oidena.aogaki.jp/

兵庫:杉原紙の里・多可

 前回の続き。

 道の駅「山田錦発祥のまち・多可」を出て、国道427号線をさらに北上していくと、道の駅「杉原紙の里・多可」に到着します。


BlogPaint











 こちらの道の駅では、町おこしの一環として「杉原紙」を熱心にプッシュしておりまして、物販スペースに関連商品が多数、並べられているほか、道の駅から橋を渡った先に「和紙博物館」が設置されておりまして、「杉原紙」の歴史を紹介しています。


CIMG2679












CIMG2681











 中に入ると、ボランティアで受付を担当しているお爺さんがいて、色々と話を聞くことができます。正直、紙のことはあまり知らなくて、紙の原料や製法などについて質問責めにしてしまいましたが、にこやかに対応してくれました。

 そこで聞いた話ですが、近年、地元で作られる紙を町おこしに生かそうとしている市町村が少なくないようで、なかなか競争が厳しいといったことを仰っていました。たしかに数年前、ユネスコが認定する無形文化遺産に日本の手漉き和紙が選ばれるというニュースがあったことを覚えています。先日、ふるさと納税の返礼品競争が激化し、問題化しているというニュースもありましたが、どの市町村も生き残りに必死です。

 もともと杉原紙は、江戸時代まで武士から庶民まで全国的に使われるブランド紙でしたが、明治時代以降、西洋式の製紙技術が普及したことで、大正時代には完全に競争力を失い、廃れてしまいました。兵庫県多可町では、杉原紙の製法を復活させるために「杉原紙研究所」を創設し、地域の小・中学校などと連携しながら地元の伝統文化の普及に努めているそうです。

 杉原紙で作った年賀状が展示されていたので、それも見学してきました。


CIMG2683












CIMG2682











 ちなみに一応、予約がいるようですが、この道の駅では紙漉き体験も行なうことができるそうです。興味のある方は申し込んでみるとよいでしょう。

 ただ、物販スペースに並んでいる杉原紙を使った商品を見ると、もう少し商品開発とその展開を工夫しないといけないように思いました。その道のプロではないので何かアドバイスすることはできませんが、ここでしか作れないものを生み出さないと、先の競争にはなかなか勝てないだろうし、経済効果も得にくいのではないかと思います。若い世代を集めて知恵を借りたいところです。


CIMG2695











 道の駅スタンプにも、紙漉きの様子が描かれていますね。頑張ってほしいと思いつつ、次の道の駅に向かいます。


道の駅「杉原紙の里・多可」(R427 かみ)
【所在地】兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽733-1
【営業時間】 午前9:00~午後5:00(日曜は午前8:00から)
【定休日】水曜
【駐車場】23台
【公式HP】http://www.shokokai.or.jp/100/28/283651S0217/index.htm

兵庫:山田錦発祥のまち・多可

 前回の続き。

 道の駅「北はりまエコミュージアム」を出発し、国道175号線から兵庫県道297号線を経由し、国道427号線に移ってしばらく走ると、次の道の駅「山田錦発祥のまち・多可」に到着します。時間的には30分もかかりません。


CIMG2668











 詳しい経緯は分からないのですが、この道の駅はもともと「まちの駅 たか」として存在していたのですが、その後、道の駅に認定されたことで「道の駅」と「まちの駅」を併記するかたちが採られたようです。実際、立て看板や案内板を見ると、そのように書かれています。


CIMG2669












CIMG2670











 地方の道を走っていると、ときどき「まちの駅」を見かけます。あれって何だろうとずっと思っていました。道の駅は、基本的に国交省から認められることによって名乗ることができます。しかし、まちの駅には監督官庁がなく、民間団体が独自に定めた基準にもとづいて認定しているようです。要するに荒っぽく言うと、道の駅をパクって誰かが作ったものだという認識を持っていたわけですが、ここではそれを並立させているのが興味深いところであります。

 実際、中に入ってみると、他の道の駅と大きく変わりません。物販スペースには地元で作られた品々が並んでおりまして、「山田錦発祥」を駅名に掲げるくらいですから日本酒もしっかり揃えています。

 飲食スペースとしては「おむすびキッチン夢蔵」がありまして、山田錦を使った料理が食べられるのですが、つい先ほど「黒田庄和牛のごちそう丼」を食べたところなのでお腹がいっぱいです。そのため、「鹿バーガー」や「鹿ドッグ」といったものに心惹かれつつも今回はパスし、少し周辺を散歩してみました。


CIMG2671












CIMG2672












CIMG2673












CIMG2674











 う~む、田舎だ(笑)。季節がまだ早いこともあって咲いていませんが、4枚目の写真は川沿いにある桜並木です。開花すれば、きっときれいな桜が見られるのでしょう。

 ちなみに、兵庫県多可町は元禄時代、加西市で起こった播州歌舞伎の普及・伝承に力を入れているようで、この道の駅でもその歴史を伝えるオブジェがあります。ベッドタウンに生まれ育った私としては、こういう地元の伝統文化があるのは羨ましいことで、過疎化・少子化の影響で色々と難しい部分があるとはいえ、長く続けてほしいと思います。


CIMG2675












CIMG2699











 どういうわけか、原始人をモチーフとした道の駅スタンプを押しまして、次の道の駅を目指します。



道の駅「山田錦発祥のまち・多可」
【所在地】兵庫県多可郡多可町中区岸上281-1
【営業時間】午前9:30~午後5:30(12月〜2月 午前9:00~午後5:00)
【定休日】年末年始
【駐車場】26台
【公式HP】
プロフィール
  • ライブドアブログ