寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

2016年11月

京都:シルクのまち かや

 前回の続き。

 雲が厚くなってきたので、これはもしかすると雨が降るかもしれないという危機感に煽られるように、道の駅「くみはまSANKAIKAN」を出発しましたが、国道312号線から再び舞鶴方面に抜けて帰る途中、「シルクのまち かや」という道の駅があるんですね。それほど遠くない位置にあるので、これはやっぱり寄っておきたいと考えまして、国道176号線との交差点を右折し、行ってみました。


CIMG2452












CIMG2453











 こじんまりとした道の駅です。

 「シルクのまち」というだけあって、絹製品のおみやげがたくさん揃っています。せっかくですから手頃なものを買ってみようということで、スカーフ(1700円)を購入しました。ちょっとした首回りのアクセントにいいかなぁと思いましたが、よくよく考えたらこれから先の季節、もう冬なんですね。まぁ、春先以降に使ってもらうことにしましょう。

 道の駅スタンプは、建物に入って右の方にあります。


CIMG2459











 このあと、国道176号線を宮津方面に行き、国道178号線から国道27号線、そして国道173号線を経て帰路につきました。雨に遭うことはなかったのですが、すっかり日が落ちてしまい、久しぶりに夜間走行で帰ることになりました。

 バイクの夜間走行は、かなり怖いです。なんといってもライトが弱いもんですから、昼間に比べて前方が見えづらいんですね。どれくらい深いコーナーなのか、路上に障害物が落ちていないかなど、瞬時に判断しながら走行しないといけませんが、夜間だとその判断がどうしても遅くなるわけです。そうかといって、じゃあゆっくり走っていると、後ろからやたらと煽ってくる車がいたりして、なかなか落ち着いて走ることができません。

 安全運転を心がけるなら、バイクでの夜間走行はなるべく避けた方がいいですね。 


道の駅「シルクのまち かや」
【所在地】京都府与謝郡与謝野町滝98
【営業時間】午前10:00~午後5:00(土日祝は午後6:00)
【定休日】12月31日
【駐車場】84台
【公式HP】http://style.town-yosano.jp/wwwr/shop/detail.jsp?common_id=2083

京都:くみはまSANKAIKAN

 前回の続き。

 道の駅「丹後王国 食のみやこ」を出発し、京都府道53号線から再び国道178号線に入ります。ただ、この辺りから雨こそ降っていませんが、大分、雲が厚くなってきました。天気予報は快晴で、雨具を用意しないまま走っていましたから、勘弁してほしいなぁと内心、思いつつ、次の道の駅「くみはまSANKAIKAN」に到着です。


CIMG2449












CIMG2450











 うーん、ちょうど夕方に差し掛かる時間帯ということもあるんでしょうけど、空が灰色ですねぇ。雲の切れ間から多少、光が射しているので、今すぐ雨が降ることはなさそうですが、これは早めに任務だけ済ませて、次に行ったほうが得策かな、ということで、ここはスタンプを押して早々に出発です。


CIMG2460













道の駅「くみはまSANKAIKAN」
【所在地】京都府京丹後市久美浜町浦明1709
【営業時間】午前8:00~午後5:00
【定休日】なし
【駐車場】50台
【公式HP】http://www.sankaikan.net/

京都:丹後王国 食のみやこ

 前回の続き。

 昼食を終えて、さっそく出発したわけですが、ここから先は海岸沿いではなく、国道482号線から京都府道53号線に入りまして、山のなかを抜けていき、次の道の駅「丹後王国 食のみやこ」を目指します。

 「丹後王国 食のみやこ」は、西日本最大級の道の駅として有名です。敷地も非常に広大で、さまざまなレクリエーション施設が併設されています。また、物販スペースも多くの土産物が売られているので、この地域の名産品を選んで買いたい人は、ここで購入するのが良いかと思われます。

 というわけで、道の駅「丹後王国 食のみやこ」に到着です。


CIMG2442











 広大な駐車スペースであります。


CIMG2448











 駐車スペースから階段を上がっていくと、巨大なカニのオブジェ(?)がお出迎えしてくれます。


CIMG2443












CIMG2441











 カニのオブジェの後ろにある建物は、右側が地元の農産品を扱う物販スペース、左側がお土産品などを扱う物販スペースになっています。また、この建物は通り抜けができるように作られていて、そこを抜けると、さまざまなレクリエーション施設に行くことができます。ただ、この日は平日だったので、親子連れのファミリーがアスレチックで遊んだり、広場を散歩したりするくらいで、それほど賑わっているわけではなかったですね。


CIMG2447











 カニ・オブジェの近くにある売店で、おやつ代わりにチーズ入りライス・コロッケ(4個、250円)を買いました。注文してから作ってくれるので、コロッケのなかにあるチーズがトロトロになっていまして、美味しく食べることができます。


CIMG2458











 道の駅スタンプは、カニ・オブジェ近くにある情報・観光案内所で押すことができます。こちらも道の駅「海の京都 宮津」と同様、受付にスタンプ台があるので、スタッフさんの目の前でスタンプを押さないといけません。気にする必要はないんですけど、なんだかちょっとだけ恥ずかしいですね。


道の駅「丹後王国 食のみやこ」
【所在地】京都府京丹後市弥栄町鳥取123番地
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】なし
【駐車場】600台
【公式HP】https://tango-kingdom.com/

「バーグマン400」(スズキ)のニューモデルが発表

 先日、バイク関連のニュース・サイトをチェックしていたところ、スズキが世界モデルとして展開しているビッグスクーター「バーグマン(Burgman)」のニューモデルが発表されたようです。

 さっそくスズキの公式HP(世界版)にアクセスすると、「バーグマン400」の紹介サイトがアップされていました。プロモーション・ビデオもYouTubeにアップされておりまして、こんな感じになっています。


BURGMAN 400 ABS official promotional movie


BURGMAN 400 ABS official promotional movie with feature

 国内モデルのビッグスクーターとしては、「スカイウェイブ(Skywave)」が長年、君臨していますが、正直、マンネリが進んでいることは否めないところがありました。とくに「スカイウェイブ400」については、中途半端な排気量に加えて、そのあまりにもオッサン臭い車体色も手伝い、さすがにモデルチェンジしないとマズいんじゃないか、もしくは生産終了もやむなしかといった印象を個人的に抱いていました。

 今回、発表された「バーグマン400」は、あくまでも世界モデルであり、国内モデルとしてラインナップされていません。しかし、「バーグマン200」がすでに国内モデルに導入されているように、そう遠くない時期に「バーグマン400」もラインナップされるのではないでしょうか。「スカイウェイブ400」は、それに押される形で生産終了といったところでしょうか。

 「バーグマン400」の印象としては、「スカイウェイブ」に比べて基本性能が大きく変わるわけではありませんが、車体全体がスリムになって、スポーティーさが増した感じです。もちろん、ABSが標準装備となっていますし、ヘッドライト、ブレーキライトともにLEDが採用されているようです。

 ただ、もしこの流れで行くなら、「スカイウェイブ250」も近い将来、生産終了になり、「スカイウェイブ」全車種が「バーグマン」にとってかわられるようになるのかもしれません。それは仕方ないことではありますが、現在、タイプMを楽しく乗り回しているユーザーとしては、ちょっと寂しい感じがしますね。

京都:てんきてんき丹後

 前回の続き。

 道の駅「舟屋の里伊根」から、再び国道178号線を海岸沿いに進んでいきます。道中、たたみ岩や屏風岩など、自然の造形物があったり、昔話「浦島太郎」ゆかりの浦島神社があったり、いろいろと名所と呼ばれるところがあるのですが、そんなことには一切、関わることなくバイクを走らせます。ただし、カーブが結構、多いので、スピードの出しすぎには要注意です。

 そうして走っていくうちに、次の道の駅「てんきてんき丹後」に到着です。


CIMG2438











 何やら意味がありそうでなさそうなオブジェが駐車場の真ん中に鎮座しています(私のSKYWAVEくんもちょこっと見えていますね)。オブジェ嫌いの私としては、こういうものにお金をかけるのはまったくナンセンスだと思うんですけど、どうなんでしょうね。やっぱり置いた方が見栄えがいいのかしら?よくわかりません。


CIMG2439











 道の駅の建物に入ると、物販スペースと喫茶・軽食スペースに分かれています。地元の名産品なんかを扱ったメニューがあるかしらと思い、メニュー表を眺めていたんですけど、あんまりそれらしいものがなかったので、結局、「肉そばセット」(850円)という割とどこでも食べられるものを注文してしまいました。おつゆが美味しかったです。


CIMG2440











 写真では切れていますが、建物の左側のスペースにはちょっとした広場がありまして、ちょうど訪れた日には高齢者の方が20人ほど集まって、グランドゴルフに興じておられました。このほかにもキャンプ場があったり、ジオパークとして広大な自然を楽しむコースが紹介されていたり、レクリエーション施設としての充実さを追求している様子がうかがえます。


CIMG2457











 道の駅スタンプを押しまして、とりあえず任務完了です。少し曇が増えてきましたが、おそらく雨は降らないだろうと見込んで、ここから先、さらにバイクで進みます。


道の駅「てんきてんき丹後」
【所在地】京都府京丹後市丹後町竹野313-1
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第二・第四火曜日
【駐車場】38台
【公式HP】http://tenkitenki-mura.jp/
プロフィール
  • ライブドアブログ