寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

2016年11月

和歌山:青洲の里

 前回の続き。

 道の駅「かつらぎ西」を出た後、先ほど通った和歌山県道125号線から国道24号線に行き、しばらく走ったところで和歌山県道120号線に入ると、道の駅「青洲の里」があります。


CIMG2483












CIMG2486











 駅名に使われている「青洲」というのは、江戸時代に活躍した医者、華岡青洲からとったものです。青洲は、マンダラゲを主成分とする麻酔薬「通仙散」を完成させた人物で、1804年、世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功しました。


CIMG2485











 こんな感じで銅像が建てられています。

 ちなみに、道の駅の建物はマンダラゲの花をモチーフに、世界的に有名な建築家、黒川紀章が設計したものです。だからかもしれませんが、建物のスケッチを描いている若い女性がいました。もしかすると大学で建築を専攻されているのかしら?

 建物のなかに入ると、ちょうどランチバイキングの時間で結構、賑わっていました。すでにお腹を満たしていたのでバイキングを食べるのは控えましたが、90分で大人1380円ですからリーズナブルな価格設定だと思います。悪くないんじゃないでしょうか。


CIMG2488











 余談ですが、女優の藤原紀香さんが2015年4月から2016年3月まで紀の川市フルーツ大使を務めていました。紀香という名前が和歌山県出身のご両親によって「紀の川の香り」という意味で付けられたことから、紀の川市が就任を打診したそうです。何がご縁になって仕事につながるか、分からないものであります。


CIMG2494











 道の駅スタンプを押して、今回のスタンプ集めは終了です。次の行先は決めていませんが、あまり行っていない滋賀県に行ってみようかなと考えております。とくに「せせらぎの里こうら」には、美味しい石窯ピザがあるとのことなので、ぜひ味わってみたいですね。



道の駅「青洲の里」
【所在地】和歌山県紀の川市西野山473
【営業時間】火曜日
【定休日】午前9:00~午後5:00
【駐車場】52台
【公式HP】http://seishu.sakura.ne.jp/index.shtml

和歌山:かつらぎ西

 前回の続き。

 道の駅「紀の川万葉の里」に近い道の駅としては、「青洲の里」と「かつらぎ西」があります。距離的にはほとんど変わらないので、とりあえず今回は「かつらぎ西」に向かいました。

 道の駅「かつらぎ西」は、京奈和自動車道にある「かつらぎ西インターチェンジ」に併設した形になっています。しかし、一般道からも入ることができるようになっているので、国道24号線を一旦、橋本市方面に戻った上で、和歌山県道125号線から入ることにしました。


CIMG2489











 こちらは下り線(橋本市方面)の建物です。写真では、結構どんよりとした天気になっていますが、それほど雲行きが怪しいわけではなく、むしろ冬の日差しが心地よい感じでした。

 さっそく建物に入って道の駅スタンプを探しましたが、一向に見当たりません。おかしいなと思いまして、店員さんに尋ねたところ、なんと道の駅スタンプは上り線(和歌山市方面)にしかなく、下り線の方ではまだ用意できていないとのこと。

 ありゃま、これは大変ということで、すぐに引き返しまして、京奈和自動車道の高架下をぐるっとくぐり、下り線の方に移動です。


CIMG2490












CIMG2491











 道の駅自体は、2015年に開業したこともあって建物がすごくきれいで良かったです。しかし、よくある高速道路のサービスエリアと雰囲気があまり変わらないこともまた事実で、その意味でやや面白みに欠けるかなという印象を覚えました。

 道の駅スタンプは、物販スペースと休憩スペースの廊下に置いてあります。


CIMG2495













道の駅「かつらぎ西」
【所在地】和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東1271-28
【営業時間】午前7:00~午後7:00
【定休日】なし
【駐車場】54台
【公式HP】http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w30_katsuraginishi/

和歌山:紀の川万葉の里

 前回の続き。

 道の駅「柿の郷くどやま」を出発し、国道24号線に戻ってふたたび和歌山市方面に走っていますと、まもなく次の道の駅「紀の川万葉の里」に到着します。


CIMG2482











 道の駅近くには、駅名に使われている紀の川が流れておりまして、駐車場から河川敷に降りることができます。この日は、冬の日差しが気持ちよく、穏やかな風景が広がっています(写真は雲がやや多いですが)。


CIMG2479











 ちょうどお昼だったので、道の駅の建物に入ってご飯を食べました。


CIMG2480











 正直、あんまり目を引くメニューがなかったので、朝食を抜いていたし、とりあえずお腹を満たしておこうということで、ラーメン(600円)を注文しました。思い違いかもしれませんが、麺の量が通常の一人前よりも多いような気がしましたね。600円ということを考慮すると、味もそれほど悪くなかったですよ。

 道の駅スタンプは、この建物の1階、物販スペースの奥にあります。


CIMG2493











 この界隈は柿が有名なんですけど、実は柿を切ったときに出る、ヌメヌメとした感じが好きじゃなくて、普段から食べないんです。なので、胡麻豆腐を購入し、次の道の駅に向かいます。


道の駅「紀の川万葉の里」
【所在地】和歌山県伊都郡かつらぎ町窪487-2
【営業時間】午前8:30~午後6:00(11~2月は午後5:00まで)
【定休日】年末年始
【駐車場】85台
【公式HP】http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w12_kinokawamanyounosato/

和歌山:柿の郷くどやま

 気づいてみれば、今年もあと一カ月あまりで終わりですね~。早いもんだ!

 世間のニュースを見ていると、今年の紅白歌合戦の出演者が決まり、常連の大物歌手が相次いで落選したことが話題になっているみたいですけど、北島三郎の「祭り」なき今、紅白歌合戦の最大の見せ場は、郷ひろみが根拠不明のハイテンションでステージに登場し、盛り上げるだけ盛り上げたら颯爽とステージから去っていくところだと個人的には思っているので、今年もまた、郷ひろみが選ばれていて良かったと胸をなでおろしているところであります。

 まぁ、そんなことはどうでもいいんですけど、今日は和歌山県北部にある道の駅を回ってみようということで、ようやく遠出するための時間を作って行ってきました。

 基本的なルートは、国道170号線から国道371号線に入り、和歌山県橋本市で国道24号線に乗り換えた後、和歌山市方面に向けて走りつつ、その界隈にある道の駅に寄っていく感じです。うまくすれば美しい紅葉を見ることができるかと思いましたが、それほどでもなかったですね。今週末から来週あたりが見頃といったところでしょうか。

 さて、国道24号線から和歌山市方面に走って、最初に見えてくる道の駅は「柿の郷くどやま」です。


CIMG2462











 九度山といえば、現在、NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(幸村)が関ケ原の戦いの後、父・昌幸とともに蟄居を命じられ、暮らしていた土地として有名ですね。当然、この道の駅だけでなく、周辺各地において真田家の家紋「六連銭」をあしらった看板やのぼりがあちこちに掲げられております。

 一般的には信繁が高い人気を集めていますが、個人的には昌幸の方が好みでありまして、学術的な歴史書をいくつか購入し、自分なりに勉強したこともあります。豊臣秀吉から「表裏比興」と呼ばれ、徳川軍を2度も破った才知冴えわたる人物でありながら、やたらと筆まめで、蟄居先から長男・信之に「もっと仕送りを増やせ」と要求し、困らせてみたり、妙に人間臭いところがまた、その人物像をよく表していて面白いんですよね。


 CIMG2464











 道の駅の外観は、こんな感じです。

 構内左手には「世界遺産情報センター」というコーナーがあり、高野山や九度山などの観光情報が紹介されています。


CIMG2466












CIMG2465











 ここまで来たら、真田ファンとして必ず行っておきたいのが真田庵です。真田庵は、昌幸・信繁親子が蟄居していた屋敷で、現在は和歌山県文化財史跡となっています。道の駅「柿の郷くどやま」からは、徒歩3分くらいのところにあります。


CIMG2478











 敷地内には資料館があります。入館料は200円です。受付はなく、建物に入ってすぐ左手に筒状の貯金箱のようなものがあるので、そこに入館料を投入する仕組みになっています。


CIMG2473












CIMG2474











 上が親父の昌幸で、下がその次男坊の信繁です。これも真田家に詳しい人であれば、あまりにも有名な肖像画ですね。


CIMG2475











 信繁直筆の手紙とのことですが、古文書の知識がないので内容は分かりません。

 道の駅の物販スペースでは、真田家グッズが数多く並んでおりまして、定番のTシャツや手ぬぐい、扇子、お菓子のほか、兜まで置いてあります。さすがに兜を買う勇気はないなぁ。外国人観光客なんかがおもちゃの刀と一緒に買っていくのでしょうか。


CIMG2492













道の駅「柿の郷くどやま」
【所在地】和歌山県伊都郡九度山町入郷5番5
【営業時間】午前9:00~午後6:30
【定休日】年始(1月1日~3日)
【駐車場】122台
【公式HP】http://kakinosatokudoyama.com/

エンジンオイル交換(10000km)

 最近、いろいろありまして、長距離のツーリングに出かける機会をなかなか見つけることができません。肌寒くなってきたこともあって、温泉がある道の駅に行きたいと考えているのですが、冬がいよいよ始まる前にその機会を見つけたいと思っているところであります。

 ただ、ツーリングには行けていないですけど、外出時、バイクで移動することが多いため、気づくとスカイウェイブの走行距離が10000km間近となっていました。そこで、いつもお世話になっているバイク屋さんに行き、エンジンオイルを交換してもらいました。

 スタッフさんが作業している間、店長さんとお話していたんですが、やっぱり今後、スズキのビッグスクーターは「スカイウェイブ」から「バーグマン」へと移行していくみたいですね。正式な発表は出ていませんが、その流れはもはや噂ではないということでしたから、先日、海外向けの新型モデルとしてヨーロッパで発表された「バーグマン400」も、いずれ近いうちに国内モデルのラインナップに加えられるようになるのでしょう。

 ちなみに現在、真冬の装備をどうしようか、ちょっと思案しています。とりあえずセーターの上にプロテクターを装着し、ダウンジャケットを羽織っておけば大丈夫だろうと思っているのですが、手の冷たさを解消するには、ハンドルカバーを付けた方がいいのかしらと迷ってみたりして。グリップヒーターを購入するのが手っ取り早いんでしょうけど、出費になりますからね。

 そういえば以前、道を歩いているとき、ひざ掛けみたいなものを巻いてビッグスクーターに乗っている人を見かけたことがあります。もちろん、どんな風に乗ろうとも個人の自由なんですけど、さすがにあれは格好悪いと思いました。
プロフィール
  • ライブドアブログ