寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

2016年09月

兵庫:あゆの里 矢田川

 前回の続き。

 道の駅「神鍋高原」を出発し、国道482号線を行くと、やがて国道9号線と再び合流します。しかし、それもつかの間、和田交差点で右折し、兵庫県道4号線に入って北上すると、道の駅「あゆの里 矢田川」に到着します。
 

CIMG2255













CIMG2256












 矢田川は鮎釣りで知られており、この道の駅でも鮎料理を食べることができます。

 先ほど、但馬牛を食べることができなかったので、ここではバッチリ鮎を食べてやるぞと思いまして、鮎そば(900円)をいただきました。


CIMG2257












 写真がちょっとピンぼけ気味ですけど、そばの味はまあまあでした。贅沢を言えば、もう1匹、鮎が入っていたら満足だったんですけどね~。しかし、天然ものだと、やっぱりお高いんでしょうから、なかなか難しいのかもしれません。

 食後、ちょっと周辺を散歩しました。


CIMG2259













CIMG2260













CIMG2261













CIMG2262












 「あゆの鐘」と書かれています。鳴らすとどうなるか分からなかったので、鳴らしませんでした。

 道の駅をスタンプを押しまして、次の目的地に向かいます。


CIMG2294














道の駅「あゆの里 矢田川」
【所在地】兵庫県美方郡香美町村岡区長瀬933番地の1
【営業時間】
【定休日】
【駐車場】16台
【公式HP】http://www.ayunosato.kamicho.jp/

兵庫:神鍋高原

 台風16号が近づいているとのことですが、1週間ぶりに遠出しまして、今回は兵庫県豊岡市方面に行ってきました。ブログの更新だけ見ると、毎日どこかの道の駅に出かけているような印象を受けるかもしれませんが、一応、普段は取り組まなければならない仕事や作業に勤しんでおりまして、休みの日や空いた時間を見つけて遠出するといった感じです。

 今回のルートは、大まかにいえば前回と似ているのですが、大阪府道6号線から国道9号線に入り、そのまましばらく進んで、京都府福知山市で国道426号線に移ります。さらに兵庫県豊岡市で国道482号線に入りまして、日本海に向かい、道の駅に立ち寄りながら北上するという行程です。

 天候は曇りで、時折ごく小さな雨粒が降ってくるといった感じでした。そのため、雨具がなくても問題はなかったのですが、スカッと晴れ渡ったなかでバイクを走らせたわけではなかったので、ツーリング時の爽快感はイマイチでしたね。

 そういうわけで、最初に訪れたのは国道482号線沿いにある道の駅「神鍋高原」です。


CIMG2249












 前日、公式HPをチェックしたとき、食堂のメニューのなかで「但馬牛すじうどん」が大きな写真でドーンと掲載されていたんですね。そこで今回、こいつを食べなきゃいかんと思いまして、さっそく食堂の方に行ったわけです。


CIMG2250













CIMG2253












 この建物の入り口から入って、少し歩いて右に曲がると食堂の入口があります。


CIMG2252












 実はこの日、食堂が貸し切りになっておりまして、中に入ることができませんでした(入口の前に置いてあるホワイトボードには、午前11:00~午後2:00まで某団体が貸切で使用する旨が書かれています)。

 よくよく公式HPを見ると、たしかに9月16日は貸し切りとアナウンスされておりまして、要するにこちらのチェックが甘かったというわけです。いや~但馬牛、食べたかったなぁ。

 ちなみに、この道の駅では、土日・祝日にはランチバイキングが開かれていて、地元の食材を使った料理が楽しめるとのことです。大人1200円、子ども700円ですから、非常にリーゾナブルな価格だと思います。

 当てが外れてしまいましたが、とりあえずスタンプを押して次の道の駅に向かいます。まぁ、そんなときもあるでしょう。
 
 
CIMG2293














道の駅「神鍋高原」
【所在地】兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-13
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】年中無休
【駐車場】102台
【公式HP】http://michinoeki-kannabe.com/

京都:瑞穂の里・さらびき

 前回の続き。

 道の駅「和」を出た後、国道27号線を綾部方面に向かうと、やがて新綾部大橋が見えてきます。そのすぐ手前の交差点を左折し、国道173号線(綾部街道)に入りまして、しばらく大阪方面に行きますと、道の駅「瑞穂の里・さらびき」が左手にあります。

CIMG2239












 今回の道の駅めぐりもここで7駅目となり、さすがに疲れてきました。道の駅で売られている特産品や名物も、同じ地域にある道の駅ということで、おおむね同じものが並んでいますから、物販コーナーを見て回れどそれほど大きく変わらないわけです。

 とはいえ、道の駅「瑞穂の里・さらびき」に関して言えば、結構、品揃えが豊富で、「さらびき」の名を冠したワインや日本酒も置いてありました。購入しようかと思ったんですが、すでに日本酒をいくつか購入していたので、今回は見送ることにしました。ただ、国道173号線沿いにあるので、いずれまた近くを通ることになると思いますから、そのときにでも購入して、試してみようと思います。


CIMG2247












 スタンプを押しまして、この道の駅での目的は達成、そして今回の道の駅めぐりも終了です。

 この後、国道173号線で大阪方面に向かい、そのまま帰路に着きました。道中、道の駅「能勢くりの郷」がありましたが、先に言及した理由によってスルーしました。

 今回、一気に7つのスタンプを集めることができたのは良かったですが、途中で疲れてきたことと道の駅ごとに地元の名物を食べようと思っていたにもかかわらず、お腹がいっぱいでそういう気分になれなかったことは失敗だったと大いに反省です。今後はもう少し余裕を持ったスケジュールを組み、腹具合も同じく余裕を持たせておこうと思いましたね。今後に生かしたいところであります。


道の駅「瑞穂の里・さらびき」
【所在地】京都府船井郡京丹波町大朴休石10-1
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第2・4木曜日、年末年始
【駐車場】48台
【公式HP】http://www.greenlandmizuho.co.jp/station/

京都:和

 前回の続き。

 道の駅「京丹波 味夢の里」を出発する段階で時間的な余裕があったことから、再び交差点「須知」に戻り、そこから国道27号線を綾部方面に向かうことにしました。しばらくバイクで走っていると、道の駅「和」(なごみ)に到着します。


CIMG2227












 外観はこんな感じです。


CIMG2226












 道の駅に着いたところで、そろそろおやつを食べたいと思うようになりまして、何かないかなと見ておりますと、丹波黒豆ソフトクリーム、なんていうスイーツがあるじゃないですか。というわけで、それをさっそく売店で購入です。


CIMG2228












 ご当地ソフトクリームは、道の駅ではおなじみですけど、ここで食べられるソフトクリームは、黒豆の風味をしっかりと活かしつつ、全体的にしっとりとした味わいで、とても美味しかったです。塩味が少し利いていたのも良かったですね。再度、近くに寄った際には、また食べたいものです。


CIMG2246












 スタンプを押しましたが、先に押した「丹波マーケス」のスタンプが裏に滲んでいたので、少し汚い感じなってしまいました。ちょっと気に入らないけど、仕方がありません。そういうわけで、次の道の駅を目指します。


道の駅「和」
【所在地】京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11
【営業時間】午前8:30~午後6:30
【定休日】火曜日、年末年始
【駐車場】106台
【公式HP】http://wachi-nagomi.com/

京都:京丹波 味夢の里

 前回の続き。

 道の駅「丹波マーケス」のすぐ近くにある交差点「須知」から京都府道444号線に入って5分ほど行くと、道の駅「京丹波 味夢の里」の入口が見えてきます。


CIMG2224












 この道の駅は、京都縦貫自動車道が2015年、全線開通したことにともなってオープンしました。できたてほやほやの道の駅です。もちろん、京都府道444号線から入ることも可能です。こちらから入ると、小高い丘の上にある道の駅に向かって、ぐるっと道路を登りながら行く形になります。

 京都府道444号線から入ったとき、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2220












 京都縦貫自動車道から入った場合、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2225












 「京丹波マルシェ」という物販スペースがあり、地元の特産品や名物をはじめ、さまざまな商品が売られています。丹波ワインがあったので、それにしようかと思ったんですが、「大吟醸 雪月花嵐山」(300ml、1300円)という商品があったので、何かいいことがあったときに飲むために購入しておきました。300mlで1300円もするんだから、さすがに美味しいでしょう。

CIMG2222













CIMG2219












 道の駅のスタンプは、「京丹波マルシェ」の向かいにある「京丹波ステーション」という情報センターの受付で押すことができます。


CIMG2223













CIMG2248












 というわけで、無事にスタンプを押せましたので、次の道の駅に向かいます。


道の駅「京丹波 味夢の里」
【所在地】京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65-1
【営業時間】午前8:30~午後8:00
【定休日】なし
【駐車場】192台
【公式HP】http://www.ajim.info/
プロフィール
  • ライブドアブログ