寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

2016年09月

兵庫:いながわ

 午前中、業務上の連絡と今後の作業スケジュールに関する説明を受けた後、少し空き時間があったので、そこから比較的近くにある道の駅「いながわ」に行ってきました。


CIMG2320











 とりあえず国道176号線から兵庫県道68号線に入れば、あとは分かるだろうと考えて、ほとんど下調べもしないで行ったのですが、兵庫県道12号線との重複区間が存在していることに気づかずに、「あれ? 68号線をまっすぐ行けば見えてくるはずなのに、おかしいなぁ」と思いつつ、結局、国道176号線に戻って、兵庫県道37号線から同68号線に入るルートを使って、ようやく見つけることができました。あぁ、やっぱりガラケーはもうやめようかなぁ。


CIMG2321











 この道の駅は、建物が並列する形で配置されています。そばを特産品として推していたので、真ん中の建物にあるレストランに入りまして、昼ご飯に「梅おろしそば」(1000円)を注文しました。

 お昼すぎだったこともあって、レストラン内は結構、混み合っていました。そのため、注文した「梅おろしそば」をカメラで撮ろうと思ったのですが、周囲の目が気になって結局、撮影を断念してしまいました。う~ん、小心者の私。

 ちなみに、「梅おろしそば」は冷やしそばの上にネギ、大根おろし、とろろ、梅干しが乗っているもので、そばつゆをかけて食べます。梅干しの酸味がちょうどよいアクセントになっていますね。

 しかし、それ以上におそばが美味しかった!さすが町をあげて、そば作りに励んできただけのことはあります。おそらくそばであれば、どのメニューを食べても美味しいと思うので、この道の駅に来たときには、ぜひ一度、試してほしいですね。

 「梅おろしそば」の写真が撮れなかった代わりに、同じくこの道の駅で推しているスイーツ「い~なそばソフトクリーム」(300円)を購入しました。


CIMG2323











 公式HPの写真に比べると、ややボリュームダウンのように見えるのは気のせいかしら?

 それはともかくとして、食べてみるとあっさりとした味わいで、夏場の暑い時期だとすごく美味しいんだろうなぁといった感じです。甘味がしつこくないので、男性も楽しめると思います。


CIMG2322











 マスコットキャラクターの「いなぼう」です。兵庫県猪名川町のご当地キャラクターになっているようで、ゆるキャラグランプリにも出場しています。

 なお、道の駅スタンプは、左側の建物「地域農業情報センター」内に入って、すぐ右にスタンプ台があるので、そこで押すことができます。


CIMG2326











 スタンプには、そば打ちの様子が描かれていますね。実際、この道の駅ではそば打ち体験もできるそうなので、ご興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。私はあまり興味がないので、お土産に地酒セット(1420円)を購入し、今日はそのまま自宅の作業部屋へと帰ったのでした。


道の駅「いながわ」
【所在地】兵庫県川辺郡猪名川町万善字竹添70番地1
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】水曜日、年始(1月1日~6日)
【駐車場】96台
【公式HP】http://www.eonet.ne.jp/~eki-inagawa/

滋賀:アグリの郷栗東

 前回の続き。

 道の駅「こんぜの里りっとう」を出た後、滋賀県道12号線から滋賀県道145号線に進み、しばらく走っていると、道の駅「アグリの郷栗東」に到着します。


CIMG2315











 通常、道の駅が近くなってくると、道路に案内板が出てきますよね。しかし、こちらが見落としていただけかもしれませんが、この道の駅に関してはそれが見当たりませんでした。そのため、最初うっかり通り過ぎてしまいまして、「あれ? 地図だともう着いているはずなのに、行き過ぎたのかな?」ということで、急ぎUターンして見つけました。


CIMG2312











 公式HPによると、「新幹線が見える!」というのがこの道の駅のアピール・ポイントらしいです。残念ながら、鉄道オタクのような趣味は持ち合わせていないので、あまり心を惹くものではなかったのですが、たしかに道の駅から新幹線が走る高架線を望むことができます。


CIMG2317











 いい機会なので、試しに新幹線を撮ってみました。ヘタクソ!

 道の駅構内に入ると、月曜日の午後にもかかわらず、多くの買い物客で賑わっていました。物販スペースを見て回っていると、近江牛入り男爵コロッケ(100円)が売られていたので、2個購入し、さっそく食べてみます。


CIMG2314











 近江牛入りと謳っているものの、正直、それほど牛肉の風味を感じることはできなかったですね。ただし、誤解されるとよくないのですが、じゃがいものコロッケとしては十分、美味しいです。ボリュームも結構、ありますから、小腹が空いているときなんかに食べるといい感じだと思います。

 道の駅のスタンプは、少し分かりにくかったのですが、物販スペースの中央付近にあります。


CIMG2319











 本当はこの後、道の駅「草津」にも行ったのですが、なんと定休日で構内に入ることができませんでした。そのため、今回は「こんぜの里りっとう」と「アグリの郷栗東」、二つの道の駅のスタンプを集めるだけで終了し、家路に着くことにしました。「草津」については、また後日ということにしたいと思います。


道の駅「アグリの郷栗東」
【所在地】滋賀県栗東市出庭961-1
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】年末年始
【駐車場】41台
【公式HP】http://www.agurinosato.com/

滋賀:こんぜの里りっとう

 このところ、曇り空の日が続いていますね。残暑もなかなかしぶとくて、最高気温が30度前後をウロチョロしているようですが、うっとうしい台風と秋雨前線にはさっさと消えてもらって、すっきりとした秋空を望みたいものであります。

 そういうわけで、今日も曇り空だったのですが、しばらくバイクを動かしていなかったものですから、少し遠出しまして、滋賀県栗東市周辺に行ってきました。基本的なルートとしては、国道307号線から滋賀県道16号線に入り、途中で滋賀県道12号線(栗東信楽線)に乗り換えて、まずは道の駅「こんぜの里りっとう」に向かいます。


CIMG2299











 厳しいわけではないですが、結構、きついスロープの途中にあるので、スピードを出していると案内板を見過ごして、通り過ぎてしまうかもしれません。外観は、こんな感じです。


CIMG2300











 この道の駅は、ウリ坊をモチーフとした「こんちゃん」というマスコットキャラクターを採用しています。そのことから分かるように、地元の特産品として猪肉がありまして、レストランでは猪肉を使った「しし丼」が名物になっています。さっそくレストランの前にある食券機で「しし丼」(800円)を購入しまして、待つこと数分、しし丼が登場です。


CIMG2301











 猪肉といえば、臭みがあるという印象が強いですが、ゴボウやタマネギなどと一緒に、しょうゆ、みりん、砂糖などで煮詰められており、臭みを感じるということは一切、ありません。むしろ、煮詰めたことで味が濃くなるおそれがあるのですが、甘辛くなりすぎず、程よい味加減で美味しかったです。

 道の駅の駐車場には階段がありまして、それを上ると、全国植樹祭が行なわれていた「県民の森」を見ることができます。現在は、日産自動車(滋賀)がネーミング・ライツ契約を結び、「滋賀日産リーフの森」という名称になっています。


CIMG2307












CIMG2310











 さらにここでは、昭和50年(1975年)に開催された全国植樹祭で、昭和天皇、皇太后陛下が植えられたヒノキとモミジを見ることができます。大きく成長しております。


CIMG2304












CIMG2303











 道の駅のスタンプは、道の駅構内に入ってすぐ左側にあります。


CIMG2318











 スタンプには、マスコットキャラクターの「こんちゃん」が描かれていますね。

 曇り空が一向に解消されないなか、次の道の駅に向かいます。


道の駅「こんぜの里りっとう」
【所在地】滋賀県栗東市荒張1-11
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】水曜/年末年始
【駐車場】29台
【公式HP】http://ritto-konze-no-sato.or.jp/station/

大阪:能勢(くりの郷)

 前回の続き。

 道の駅「あまるべ」から国道178号線、国道426号線、国道9号線と乗り継ぎ、京都府京丹波町の和田交差点で右折して、国道173号線(綾部街道)に入ると、先週と同じ道を通って大阪府池田氏に向かうことになります。

 しかし先週は、大阪府能勢町にある道の駅「能勢(くりの郷)」に立ち寄らなかったので、今回、閉店間際の到着だったのですが、寄っていくことにしました。


CIMG2287











 建物の周囲には木々が茂っているので、道の駅の外観を写すことはできなかったのですが、駐車場から小さな橋を渡っていくとみると建物の雰囲気は、こんな感じになっています。


CIMG2289











 「くりの郷」と名乗っていることもあって、建物の入り口前にはクリのオブジェ(くり坊)が置いてあります。


CIMG2282











 閉店時間が迫っていたため、道の駅の構内にはほとんど人がおらず、閑散としていました。


CIMG2285











 ただし、一応、名誉のために言っておくと、この道の駅は日中、とくに休日にはたくさんの人が訪れていまして、駐車場の出入り口付近では渋滞が発生しているときもあります。大阪北部にある唯一の道の駅ということで人気は高く、物販スペースにも地元の農産物や特産品などが豊富に並べられています(この日は、すでにほとんど売り切れていましたが)。

 道の駅の周辺は、大阪とは思えないくらいのどかな風景です。


CIMG2286












CIMG2288











 ちょうど近所の中学生が部活を終えて帰るところで、黄昏時、こういう道を何人かと一緒に自転車で帰っている様子は、じつに趣きがあるなぁとつれづれなるままに感じ入りました。


CIMG2296











 道の駅のスタンプを押しまして、これで今日の工程は終了です。

 それにしても、高速道路を使わずに下道で兵庫県北部の海沿いまで行ったのは、さすがに疲れました。しかし、兵庫県の端っこの道の駅を今回、押さえましたので、これからはその手前にある但馬地方の道の駅を順に押さえていけば、兵庫県北部は近いうちにコンプリートできそうな感じです。次回の計画はまだ立てていませんが、和歌山県か滋賀県に行こうかなと漠然と考えています。


道の駅「能勢(くりの郷)」
【所在地】大阪府豊能郡能勢町平野535
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】火曜日
【駐車場】40台
【公式HP】https://www.facebook.com/mitinoekiNOSE/

兵庫:あまるべ

 前回の続き。

 道の駅「あゆの里 矢田川」から兵庫県道4号線に戻り、山間の道を気持ちよく走っていると、やがて国道178号線が見えてきます。この付近では、国道178号線はバイパスとして、余部道路という自動車専用道路が作られておりまして、香住ICから乗ることができます。

 しかし、ここでは一度、それをパスし、旧道を使って次の目的地、道の駅「あまるべ」に向かいました。ちょうど海岸に近いところを通り、「但馬漁火ライン」という名称も与えられているので、海を見ながら気持ちよく走れるかと思いましたが、それほど展望が開けているわけではなく、ほとんど山のなかを走っているような感じで、少々残念でした。

 というわけで、道の駅「あまるべ」に到着です。


CIMG2265

CIMG2278











 鉄道ファンなら知っている人が多いと思いますが、ここでは余部橋梁をみることができます。


CIMG2277











 余部橋梁は、もともと明治時代後期に作られた鉄橋で、山陰本線の名所として知られてきました。2007年、老朽化が進み、コンクリート橋になってしまいましたが、今もなお、鉄橋時代の余部橋梁を懐かしく思う人が多く、その遺構が一部、残されています。


CIMG2274












CIMG2275











 道の駅構内には、資料や模型などの展示スペースが設けられています。


CIMG2271











 しかし、鉄道ファンでもなんでもないので、あんまりそういうことには興味がなかったのですが、聞くところによると、この辺ではカニが特産品で、この道の駅で「かにクリームコロッケ」(130円)を売っているとのことだったので、それを食べなきゃいかんということになり、さっそく売店で購入しました。


CIMG2270











 注文してから揚げてくれるので、まさしく出来立てほやほや、頬張るとめちゃくちゃ熱かったのですが、中身はとろとろのクリームコロッケになっておりまして、カニの風味も利いていて美味しかったです。

 あと、串シュウマイ(210円)というのも買ってみました。


CIMG2267











 こちらも揚げたてで、そこそこ美味しかったのですが、これで210円はちょっと高いんでないかい?というのが率直な感想でした。もしかすると良い具材が入っているのかもしれませんが、カリカリに揚げてしまうと、もはや具材で勝負してもそれが際立たたなってしまうんですね。もう一回り大きいシュウマイだと、満足感も得られて良かったのではないかと思います。

 この道の駅は海がすぐ近くにあるので、天候に恵まれれば海岸線を散歩するのもよいでしょう。さらにそこから鳥取の方に足を伸ばせば、海を見下ろしながら行くことになるので、それもまた爽快かもしれません。


CIMG2295











 道の駅のスタンプを押しまして、ここでの任務は完了です。この後、来た道を戻り、国道178号線(バイパス)を利用して一気に豊岡市まで行き、国道426号線、国道9号線と乗り継いで国道173号線を目指します。


道の駅「あまるべ」
【所在地】兵庫県美方郡香美町香住区余部1723-4
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】年中無休
【駐車場】18台
【公式HP】http://michinoeki-amarube.com/
プロフィール
  • ライブドアブログ