寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

兵庫:山田錦発祥のまち・多可

 前回の続き。

 道の駅「北はりまエコミュージアム」を出発し、国道175号線から兵庫県道297号線を経由し、国道427号線に移ってしばらく走ると、次の道の駅「山田錦発祥のまち・多可」に到着します。時間的には30分もかかりません。


CIMG2668











 詳しい経緯は分からないのですが、この道の駅はもともと「まちの駅 たか」として存在していたのですが、その後、道の駅に認定されたことで「道の駅」と「まちの駅」を併記するかたちが採られたようです。実際、立て看板や案内板を見ると、そのように書かれています。


CIMG2669












CIMG2670











 地方の道を走っていると、ときどき「まちの駅」を見かけます。あれって何だろうとずっと思っていました。道の駅は、基本的に国交省から認められることによって名乗ることができます。しかし、まちの駅には監督官庁がなく、民間団体が独自に定めた基準にもとづいて認定しているようです。要するに荒っぽく言うと、道の駅をパクって誰かが作ったものだという認識を持っていたわけですが、ここではそれを並立させているのが興味深いところであります。

 実際、中に入ってみると、他の道の駅と大きく変わりません。物販スペースには地元で作られた品々が並んでおりまして、「山田錦発祥」を駅名に掲げるくらいですから日本酒もしっかり揃えています。

 飲食スペースとしては「おむすびキッチン夢蔵」がありまして、山田錦を使った料理が食べられるのですが、つい先ほど「黒田庄和牛のごちそう丼」を食べたところなのでお腹がいっぱいです。そのため、「鹿バーガー」や「鹿ドッグ」といったものに心惹かれつつも今回はパスし、少し周辺を散歩してみました。


CIMG2671












CIMG2672












CIMG2673












CIMG2674











 う~む、田舎だ(笑)。季節がまだ早いこともあって咲いていませんが、4枚目の写真は川沿いにある桜並木です。開花すれば、きっときれいな桜が見られるのでしょう。

 ちなみに、兵庫県多可町は元禄時代、加西市で起こった播州歌舞伎の普及・伝承に力を入れているようで、この道の駅でもその歴史を伝えるオブジェがあります。ベッドタウンに生まれ育った私としては、こういう地元の伝統文化があるのは羨ましいことで、過疎化・少子化の影響で色々と難しい部分があるとはいえ、長く続けてほしいと思います。


CIMG2675












CIMG2699











 どういうわけか、原始人をモチーフとした道の駅スタンプを押しまして、次の道の駅を目指します。



道の駅「山田錦発祥のまち・多可」
【所在地】兵庫県多可郡多可町中区岸上281-1
【営業時間】午前9:30~午後5:30(12月〜2月 午前9:00~午後5:00)
【定休日】年末年始
【駐車場】26台
【公式HP】

兵庫:北はりまエコミュージアム

 空は少し曇っていましたが、天候が良く風も緩やかな日に時間を取ることができたので、久しぶりにツーリングに行ってきました。

 今回は、兵庫県丹波・篠山地方です。ルートとしては、国道176号線を大阪府豊中市から北上し、兵庫県篠山市で国道372号線に乗り換えます。しばらく走ると兵庫県道566号線が見えてきますからそちらに入り、突き当たった国道175号線を右折すると、最初の道の駅「北はりまエコミュージアム」に到着します。


CIMG2658











 規模としては、小さめの道の駅ですね。平日ということもあり、人はそれほど多くなかったのです。ただ結構、頻繁に車の出入りがあるので、おそらくすぐ近くにあるイオンで買い物を済ませた人が、ついでにこちらの道の駅にも寄って買い物をしているのではないかと推測されます。


CIMG2660












CIMG2661











 さて朝早く出発して、ここに到着したのが午前11時頃でしたから、ぼちぼちお腹が空いてきました。レストランはどこかにないかと構内を見ていると、駐車場から右手の方に「レストラン たにし」があったので、そこに向かいます。


CIMG2666











 入店して店員さんに聞いたところ、「黒田庄和牛のごちそう丼」(1350円)がおすすめということだったので、じゃあそれをお願いしますとオーダーし、しばらく外をぼーっと眺めて待っていると、5分あまりで配膳してくれました。


CIMG2662











 これはなかなか美味しかったですね。値段がやや高めなのが気になるところですが、トロトロの牛肉が甘めのタレとあいまって、ご飯との相性も実にいい感じです。ボリュームもしっかりあるので、食べ終わった後、満足感を得ることができます。これはたしかにおすすめです。


CIMG2697











 「ふぅ、食べた食べた」と満腹感を覚えつつ、道の駅スタンプをポチッと押し、次の道の駅へと向かいます。



道の駅「北はりまエコミュージアム」
【所在地】兵庫県西脇市寺内517-1
【営業時間】午前9:00~午後7:00(12~1月:午後6:00まで)
【定休日】年末年始
【駐車場】55台
【公式HP】http://michinoeki-kitaharima.com/

滋賀:アグリパーク竜王

 前回の続き。

 道の駅「竜王かがみの里」でスタンプを押した後、国道8号線に出て、すぐ国道477号線に入ると、くねくねとしたルートを辿りながら同じく滋賀県竜王町にある道の駅「アグリパーク竜王」に行くことにしました。


CIMG2644











 ここでも登場、怪しげなオブジェであります。


CIMG2645











 竜王町だから「竜」を題材にしたということなんでしょうけど、常々思うに、こういうのは誰が制作を依頼しているんでしょうかねぇ。たしかにモニュメントのようなものがあれば構内の収まりが良くなるのかもしれませんが、個人的には大した意味があるようには思えないんですね。


CIMG2651











 この道の駅では、動物と触れ合えるスペースやアンパンマンの電動汽車など、親子が一緒に遊べる施設があります。写真ではそういうふうに見えないかもしれませんが、来ている人たちも親子連れが多かったです。今日は天候が良かったので、散歩しているだけでも気持ちよかったでしょう。


CIMG2650











 ただ、どういうわけか、物販所の建物にはサンドバッグがぶら下がっています。ミスやトラブルに見舞われたとき、スタッフが鬱憤を晴らすために用意したのでしょうか。子どもが遊ぶためのものだとは思えないので、いわば謎です。

 道の駅スタンプは、構内にある「環境改善センター」の入口に置いてあります。


CIMG2646












CIMG2655











 こういうわけで今回、滋賀県にある道の駅3つを回ってきました。久しぶりに道の駅めぐりでしたし、ツーリング中、手足のかじかみに苦しむことなく走ることがようやくできて楽しかったです。まだ行っていない道の駅は、和歌山や兵庫に多くあるので、いずれ高速道路を利用して行かないといけません。泊りがけでもいいですけど、あとは財布と仕事の両方に相談ですね。



道の駅「アグリパーク竜王」
【所在地】滋賀県蒲生郡竜王町山之上6526
【営業時間】午前9:00~午後5:00(7月末~8月末は午前9:00~午後6:00)
【定休日】月曜(7月末~8月末は無休)
【駐車場】97台
【公式HP】http://www.biwa.ne.jp/~aguri-p/



プロフィール
  • ライブドアブログ