寝梟庵日記

SKYWAVE250 TypeMに乗って、近畿圏を中心にウロチョロしています。

京都:和

 前回の続き。

 道の駅「京丹波 味夢の里」を出発する段階で時間的な余裕があったことから、再び交差点「須知」に戻り、そこから国道27号線を綾部方面に向かうことにしました。しばらくバイクで走っていると、道の駅「和」(なごみ)に到着します。


CIMG2227












 外観はこんな感じです。


CIMG2226












 道の駅に着いたところで、そろそろおやつを食べたいと思うようになりまして、何かないかなと見ておりますと、丹波黒豆ソフトクリーム、なんていうスイーツがあるじゃないですか。というわけで、それをさっそく売店で購入です。


CIMG2228












 ご当地ソフトクリームは、道の駅ではおなじみですけど、ここで食べられるソフトクリームは、黒豆の風味をしっかりと活かしつつ、全体的にしっとりとした味わいで、とても美味しかったです。塩味が少し利いていたのも良かったですね。再度、近くに寄った際には、また食べたいものです。


CIMG2246












 スタンプを押しましたが、先に押した「丹波マーケス」のスタンプが裏に滲んでいたので、少し汚い感じなってしまいました。ちょっと気に入らないけど、仕方がありません。そういうわけで、次の道の駅を目指します。


道の駅「和」
【所在地】京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11
【営業時間】午前8:30~午後6:30
【定休日】火曜日、年末年始
【駐車場】106台
【公式HP】http://wachi-nagomi.com/

京都:京丹波 味夢の里

 前回の続き。

 道の駅「丹波マーケス」のすぐ近くにある交差点「須知」から京都府道444号線に入って5分ほど行くと、道の駅「京丹波 味夢の里」の入口が見えてきます。


CIMG2224












 この道の駅は、京都縦貫自動車道が2015年、全線開通したことにともなってオープンしました。できたてほやほやの道の駅です。もちろん、京都府道444号線から入ることも可能です。こちらから入ると、小高い丘の上にある道の駅に向かって、ぐるっと道路を登りながら行く形になります。

 京都府道444号線から入ったとき、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2220












 京都縦貫自動車道から入った場合、駐車場から見える外観は、こんな感じです。


CIMG2225












 「京丹波マルシェ」という物販スペースがあり、地元の特産品や名物をはじめ、さまざまな商品が売られています。丹波ワインがあったので、それにしようかと思ったんですが、「大吟醸 雪月花嵐山」(300ml、1300円)という商品があったので、何かいいことがあったときに飲むために購入しておきました。300mlで1300円もするんだから、さすがに美味しいでしょう。

CIMG2222













CIMG2219












 道の駅のスタンプは、「京丹波マルシェ」の向かいにある「京丹波ステーション」という情報センターの受付で押すことができます。


CIMG2223













CIMG2248












 というわけで、無事にスタンプを押せましたので、次の道の駅に向かいます。


道の駅「京丹波 味夢の里」
【所在地】京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65-1
【営業時間】午前8:30~午後8:00
【定休日】なし
【駐車場】192台
【公式HP】http://www.ajim.info/

京都:丹波マーケス

 前回の続き。

 道の駅「スプリングスひよし」で昼御飯を食べた後、先ほど来た道(京都府道19号線)を少しだけ戻り、京都府道80号線に入って林のなかを抜けていくと、道の駅「丹波マーケス」に到着します。


CIMG2231













CIMG2235












 この道の駅は、地元のショッピングセンターとして機能することを重視した作りになっています。スーパーマーケットや100円ショップのほか、薬局、クリーニング、雑貨、書籍などが店舗ごとに取り扱われています。また、フードコートもあります。

 目立つのは駐車場の広さで、公式HPによると550台の駐車スペースが確保されているとのことです。

 さて、多くの道の駅では、地元の特産品や名物を販売しているのですが、この道の駅ではフロア1階の真ん中にある「丹波国 丹の蔵」で販売されています。販売スペースに入って、いろいろと見ていますと、「本醸造 自衛艦舞鶴」という日本酒があったので、それを購入しました。地元以外ではあまり出回らない商品らしいので、いい機会だったと思います。

 道の駅のスタンプも、「丹波国 丹の蔵」で押すことができます。


CIMG2245












 なお、スタンプ台にも注意書きがあるのですが、朱肉が水溶性らしく、スタンプを強く押すと裏に滲んでしまいます。もしここでスタンプを押すときには、気を付けましょう。


道の駅「丹波マーケス」
【所在地】京都府船井郡京丹波町須知色紙田3-5
【営業時間】午前10:00~午後8:00
【定休日】なし
【駐車場】550台
【公式HP】http://www.tamba-markeds.com/
プロフィール
  • ライブドアブログ